ギフトショーのご報告と、近況。

2013-09-11 14:34 カテゴリー:コラム

先週、9月4日~6日で開催されたギフトショーも無事、大盛況の中、終了することができました。

会場にお越しいただけた皆様、ありがとうございました。


今回のブースコンセプトは「GFが目指す理想の売り場」でした。

とはいえ1ブースでのご提案なので、限られた空間の中

弊社商品が出せる空気感というものをどうやって表現すればよいかと

いろんな意味で四苦八苦いたしました。


株式会社GreenFlashスタッフブログ


結局、他の出展社様のブースのイメージとバランス調整をおこなったりしたため

当初のコンセプトとは違った展示となり、計画どおりとはいきませんでしたが、

その場ので修正や対応力、また新商品もきちんと発表できましたので、

悔しさも残る中、概ね満足しております。


株式会社GreenFlashスタッフブログ


早速、今回始めてご挨拶させていただいた皆様、

すでに弊社商品をお取り扱いの皆様と早速打ち合わせをさせていただき

10月の中旬には店頭に並べれるように進めてまいります。


引き続きのご愛顧、よろしくお願い申し上げます。



GreenFlashとしてこの秋は来シーズンに新ブランドを立ち上げるべく企画を中心に回す予定です。

GFらしいといっていただけ、また、実際に喜んでいただける企画を作ってゆきたいです。


そのためにも世論に目を向け、多くの人と出会ってゆきたいこの頃です。


スタッフ増員計画も進行しており、現在「マイナビ転職」において求人募集をあげております。

詳細は割愛させていただきますが、ご興味があるかたは是非、ご応募ください。


最近、個人的に注目のコンテンツは「アップル新商品」と「風たちぬ」でした。


アップルは言わずともがな、あきらかに「中心」だな、と再認識された次第です。

1企業の新サービス発表が台風の目となり明らかにマーケットを動かしています。

アップル開発陣としてもその「中心」だからこその重圧の中、決定し発表するその姿勢に

こみ上げるでもないですが、湧いてくるような言葉になら��い感動を感じます。


「風立ちぬ」も素敵な作品でした。

宮崎監督にSpecialThanksです。本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。

という気持ちにさせて頂けました。思い返せば、幼少期には「ラピュタ」により熱い想いと夢を。

「トトロ」により古き良き日本の美しさとトトロという価値観を。「魔女の宅急便」では一人立ちと少女の理想を。思春期には「耳をすませば」を。生きにくい時代には「もののけ姫を」。働くことを意識するときに「千尋」を。人生の目標を探すときに「ハウル」で理想のハッピーエンドを定義していただけました。

また自分にも子供が生まれ「ポニョ」を見て笑っています。丁度、私たちの世代(30代前半)には人生と同じペースでその時に必要な映画を与えて頂けたように思います。

そんな監督だからこそ「風立ちぬ」を作ってもよいのだと思います。それは許されるべきです。

私たちも映画ではありませんが、監督に頂いた感動に恥じない精神で商品開発に取り組めたらなと思うこの頃です。


来月はデザイナーズウィークです。

なんとGreenFlashで出展いたします!デザイン文具メーカーとしては珍しい試み?

デザインのお祭りなので、私たちも真摯に楽しみたいと考えております。

是非、会場にお越しください。