ビジョナリー・カンパ���ー

2015-12-11 23:35 カテゴリー:コラム
2015年も気が付けば師走になりました。


もう2015年ともお別れですね。


せっかく違和感無く馴染んできたところなのに、残念です。


1日1日を考えれば、変化の乏しい同じような毎日の繰り返しではありますが


ふと1年前を思い出せば、以前より確実に理想に近づけている気がします。





昨日ついに事務所も移転し、1月からまた新たなデザイナーを迎える運びになりました。


そして、新たな門出をむかえる節目の今だからこそ


私自身が今一度、「経営理念」や「ヴィジョン」と真剣に向き合うと決めたこのごろです。





5年前にジム・コリンズのヴィジョナリーカンパニーを知り


それからの日々を自分なりに「理念」をもって日々を過ごして来ましたが


ここ最近になって、それは秘めたる想いとしてあるだけで、


伝えようとしていない自分に気づかされました。




どんな会社を目指しているか


自社の強みとはなんなのか


何にこだわりを持つのか


そして、世の中にどのような貢献ができるのか


スタッフやその家族、お客様、かかわるすべての人が
何を求め、何を期待していてて頂けるか




本音を語る気恥ずかしさを乗り越え


今こそそれを一つ一つ、伝える時が来たのだと感じる次第です




そして、その暁には


弊社の名前の由来である


GreenFlashを見ることができた人は幸せになれるという伝説を


体現してゆきたいと考えております。